浚渫船「雲取」

1354tmax100_008

岸壁というには草が生え放題の荒れ地に、浚渫(しゅんせつ)船が泊まっていました。
停泊というには、あまりにも人気のない佇まいに、静かに老後を送っているかのような雰囲気です。
が、近づくと巨大な鉄のバケツが連なって前方に設置してあり、動き出すと恐ろしい唸りを上げる恐竜のようにも思えます。
後でネットで調べて見ると、バケット浚渫船というタイプの船のようでした。
いや、そのものでした。ネットにこの船の名前「雲取」が載っていました。
戦艦よりは重雷装艦、空母よりは水上機母艦、駆逐艦よりは輸送艦が好きな私には、こういう特殊船舶はたまりません。
この水上機母艦のようなクレーン状の装置なんぞは、垂涎モノです。

それにしても、タイミングよくRB67で撮りに来た時に停泊していてくれました。
日も暮れかけてましたが、フィルム1本費やします。
スキャンしてみると、やはり6×7の解像力にうっとり。
そして、こういう船には銀塩写真が似合います。
いつかバライタ焼きしてあげたい1枚です。


小学生の写真

カメピのオフ会で「30000人の写真展」を観に行った。
その中に、小学生に写るんですを与えて撮った写真の部(?)とかいうのがあるのを初めて知った。
小学生の撮る写真、すごく興味があるんだよね。
ていうか、U18が撮る写真に興味があるし、刺激を受ける。
写真甲子園もそう。
で、今日見た小学生の写真だけど、いいの撮るのがいるんだよなぁ~
これだから写真って面白い。
んで、数枚の写真に対して、もっと写真が好きになるようにと願いを込めてコメントを書いて箱に入れました。
彼らの中から、将来凄い写真撮るのが出てくるかもしれない。

それにしても今日は暑かった。
もう、この暑さはどうやったって写真では伝えられないってのを思い知った。=^_^;=
ちなみに、本日の1枚は、RB67持ち出して撮りに行って熱中症になりかけた写真。
どう見ても、そんな風には見えんわな…

RB67,SEKOR65mm,T-MAX100,XTOL(1:1)