価格.comのこと

1349ultrafineextreme400_033自分のブログサイトを作ったらやっておこうと考えていたことに、過去に書き散らかした文章をまとめておくというものがありました。
そのほとんどは、価格.comという価格比較サイトのクチコミ掲示板に書き込みを行ったものです。
そのクチコミ掲示板というのは、安達功太さんという方が立てられた「銀塩ユーザーの皆様へ」というスレッドです。
ちょうどその頃私は、デジタル一眼+オールドレンズ遊びが昂じて、
オールド銀塩一眼+オールドレンズの世界へ逆移行を始めんとしていて、
ネット検索をした拍子に、たまたまこのスレッドがひっかかったのでした。

この安達さんという方、価格.comの中にあっては突出した存在で、
カメラやレンズはもちろん、銀塩写真全般をこよなく愛されている人でした。
そのため、写真の内容よりは機材への興味に偏りがちな価格.comという
世界の中で、この「銀塩ユーザーの皆様へ」というスレッドは異彩を放ち、
カメラやレンズの四方山話を超えて「写真」そのものに向いて開かれた
ベクトルを持っていて、その後、これが開花していくことになります。
そうして、このスレッドにたまたまめぐり合った私は、スレッドに参加して
いく中で、徐々に写真そのものへと対峙していくことになるのです。

自分のブログサイトができた今、少しずつですが、この「銀塩ユーザーの皆様へ」
掲示板に書き込んだ文章を整形して転載していこうと思います。
その際、投稿日時は、最初に書き込んだ日付とし、それに対して、現在の自分が
コメントを入れるスタイルにしようかと思っています。
最初の投稿は、2010年7月3日ですので、ほんの3年前ですが、
今の自分とは結構な落差があって面白いのではないかとも思っています。

投稿日付は過去になりますので、ブログの頭に出てくることはありませんが、
カテゴリーとして<カカクコムの思い出>に入れ、現在日時でのコメントを
入れていきますので、なにかの拍子に目にしていただければと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>