ユージン・スミス(カメピより再掲)

img

※宝山寺万燈会にて(写真と本文は無関係です)

リバティ大阪(大阪人権博物館)というところへ、
福島原発の写真展を観に行ったときのこと。
大阪にこんなところ(人権博物館)があること自体
知らなかったが、福島原発の作業員たちを
撮った写真展を見た後、ついでにその他の展示物も
見ることにした。
こういう切り口の博物館というのは初めてで、
なかなか興味深かったが、
さぁもう出口かと帰りの道筋を考えていた時、
その写真たちは目に飛び込んできた。
まさに、飛び込んできたという形容がぴったりの、
力強いモノクロ写真。
水俣病を撮ったドキュメンタリー風(?)写真。
展示表示は、水俣病とだけある。
いや、この写真は尋常じゃないぞ。
誰だ、誰が撮ったんだ。
驚きながら見ていくと、最後に

ユージン・スミス

と記されていた。

あ、名前知ってる。どっかで聞いた。

数年前から写真を始めた私の知識はそんなものだったが、
こういう形で出会えたことをとてもうれしく思った。

そして、今月号のアサヒカメラをめくってみると、
ユージン・スミスの記事が。
これだから写真はおもしろい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>