エヌエヌシー写真薬品生産終了(カメピより再掲)

imgだそうな。
ただし、単薬類は継続らしい。
なので自家調合する道は残されている。
とはいえ、個人的には自家調合はめんどくさいので、
できれば市販されている現像薬を使いたいのだが。

エヌエヌシーの現像薬では、D-23系のPRAEFINE(プレファイン)が
気に入っている。
私にとっての標準現像薬的存在だったんだけど…
自家調合は可能なのだが、さてどうしたものかなぁ。

印画紙もそうだけど、重量当たり単価の低い薬品類も
海外通販する旨みがない。
が、国内から印画紙や薬品がどんどんなくなっていくとなると、
いつかは海外調達に頼らなくてはいけなくなるかも。

と嘆いていても仕方ないので、1枚でも多く銀塩フィルムで
撮影し、自分で現像とプリントを行い、ネットや展示会で
銀塩アピールするのだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>