BABYMETAL 東京ドームの光と影

ドーム公演終了後半月、その映像を使ったライブビューイング(LV)が行われたので行ってきた。ライブと付いているがもちろん録画された映像と音声だ。19日RedNightと20日BlackNightの2日間がまとめて上映される。19日は参加しなかったのと、20日も席が悪く(アリーナDブロック後方)どんなライブだったのか全貌がわからなかったので、まずは内容を確かめたいというあまりうれしくはない思いから申し込んだが、ほかにもぜひとも確かめたいことがあった。
一つは、LVってどんなのか体験したいというもの。ライブハウスでやるからには音響は映画館なんかとは比較にならないはずだろうと。ドームでは望めない音圧もあるのではないか。
もう一つは、今回のドーム公演で感じた「ライブ」とか「リアル」ってなんなのだというモヤモヤとした疑問から。たとえ録画映像であろうが音圧バリバリの場所で観客がノレれば、それは「ライブ」なんじゃないか。ただ、生歌ではない(その場に3人&神バンドがいないという意味で)ので、その分は割り引かないといけないだろうけど。

10月5日当日は奇しくもBlackNightがそうだったように台風が接近する中での開催となった。台風まで再現するとは、さすがベビメタとしかいいようがないw。平日で仕事が終わってからということもあり一度自宅に帰ってから着替えて出かけたので、会場に付いたのはほとんど上映開始と同じ時刻になってしまった。
急いで会場に入ると中はまっくら。あ、そうか、普通のライブと違って上映なので照明が落とされてるのか。なので、中に入ってからあまり動くことができず、左サイド後方で見ることに。ただ、スクリーンはでかいので、鑑賞するには問題はなかった。のだが、観客のノリとしては、やはり前方や真ん中の方が良かった。それでも地蔵集団なんてことはなくて、適当にキツネサインを上げたり拍手したりで、掛け声や歓声もありライブのノリだ。音圧も充分感じられて、逆に座って聴いてたりしたらうずうずしてどうしようもなくなるくらいだ。
RedNightは初めて見たので、その映像に目を見張った。なるほど俯瞰するとこういう情景だったのか。その立体的な構成に、こりゃ凄いわなと感心したし、とにかく3人のどアップ映像は細かな表情がよくわかり臨場感があって心中かなりテンションがあがっていた。特に見たかった「tales of the destinies」はじっくりと楽しんだ。途中3人のキュートな振り付けのシーンがあって、そこは会場にもどよめきが。うひゃぁ、この曲でこんな振り付けがあったのかってな感じ。ちなみに観客の半分以上は東京ドームへは行かなかった人たちのようだった。

RedNightが終了したところで休憩があるのかなと思ったら、そのままBlackNightに突入した。休憩の間にもうちっと真ん中に行こうと思ってたのだが仕方ない。ここからは私も一応ドームで参加したので追体験となるはずだったが、最初の「BABYMETAL DEATH」(BMD)でいきなり会場に火が付いた。通常ならライブの始まりがこの曲になるのだが、LVではRedNightからそのままの流れで来たので、この曲のヒートアップ効果を目の当たりにした感じだ。私も点火して腕を上げたり声をだしたりでテンションアップ。恐るべしBMD。いきなり加速してそのまま突っ走るためのロケットブースターのような曲なのだと、わかっていたつもりでもやはり驚かされる。
その後は会場のノリもまったく違って激しさを増した。それはもう完全に「ライブ」だった。
もちろん、その場に3人はいないのだが、代わりにどアップ映像が目の前にあるのだ。しかも正面からSU-METALに射すくめられたら、これはかなりドキドキしてしまう。生ライブとはまた別の魅力があるのだ。
とにかく圧巻の映像だった。音もドームよりも数段良かった。パフォーマンスも最高だったし神バンドのソロもたまらない。もう文句のつけようもない出来だった。このあとBDが発売されるだろうが、同じくおそろしいほどのハイレベルだろう。2日で一つのイベントとして希代のメモリアル映像となるのは確実だ。そして、後世に残るのはこの映像なのだ。戦略的には申し分のない大勝利と言えた。

では、LVの元となったドームでのライブ自体はどうだったのか。
私は20日のBlackNightに参加したが、ライブが終わるまでは成功だったように思えた。しかし、ライブが終わり、参加した者たちが我に返ってみると、座席がどこであったのかによってライブ鑑賞に許容範囲を越えた落差があったことがわかってきた。また、今回LVを見てわかったが、初日のRedNightしか参加できなかった人たちの不完全燃焼感も理解できた。私はまだBlackNightの方に参加できたが、席はハズレ組だったため、公演後しばらくはしょげかえり、それでもあれは何だったのかと知りたくてネットにあたったりしたのだが、最終的にわかったことは、これはもう同じライブを体験したとは言えないほどの落差であり、その結果話がかみ合わない不毛な議論が沸き立ち、悲しいことに同じファン同士が反目し合うという事態を招いてしまったということだった。
東京ドームのような大箱でみんなが満足するようなステージ設計は難しいというのは常識なのだろうが、その常識を越えようと本気のステージ設計にチャレンジした結果(と思いたい)、見切られた者たちは許容限度を超えた落胆を味わうこととなったのだ。興行は成功し戦略上も勝利したがライブとしては失敗したのだと思う。今回の録画済LVを見て再認識したが観客まで含めてのライブなのだから。しかもこの失敗はファンのメンタルを侵蝕するタイプの結構深刻なものなのではないか。ステージパフォーマンスはもちろん、ステージ設計も前述のように、いかにもそれでこそBABYMETALというような素晴らしいものだったのに、東京ドーム後、おそらく私と同じようなハズレ組だった身近なファンの人たちの熱量がかなり下がっている。これは私の周囲のメイトさんたちとのやりとりからひしひしと感じるだけにファン心理の本心を反映しているだろう。今回のメモリアルな東京ドーム公演が、このような光と影のまだら模様となった皮肉な結末になんともやるせない気分だ。
私同様ドーム公演でテンションが下がって落ち込んでいると言っていた方々、さらにその何倍もいるであろう沈黙のうちに沈んでいる方々に再び熱いハートが蘇らんことを切に願っています。

さて、これから後は私のドーム公演後の思いの変遷を文章化していきます。それは、トラウマを癒すために私が必要とした行為です。ドーム公演を満足された方には不快な文章でしかないので、ここで読み終わっていただければと思います。
そもそも同じライブを体験しなかったのですから。

続きを読む