紙焼き&スキャン、RB67(カメピより再掲)

imgT-MAX100で撮ったものをXTOLで現像。
六つ切りに引き伸ばしたプリントをスキャンしたのが左。
右は、フィルムスキャン。
プリントはRCだけど、右とも左とも違う。
まぁ、当然ですが…
これがバライタになると、もうネット上での再現は、まったくもって不可能。

ネット上で楽しむには、やはりフィルムスキャンが
適しているように思える。

img現在、マイフレさんにいただいた4×5用スキャナをセッティング中。
でかいです。=^_^;=
4×5のフレームをセットしながら、
4×5ってこんなにでかかったっけ?と
思わず、フィルムフォルダーと合わせてみて、やはりこのサイズか、と再確認。

とはいえ、6×7のスキャンも結構大変。
ファイルサイズはでかくなるし、ゴミ取りは根気仕事となる。
画像編集も重くなる。
これが4×5だとしたら…….今から慄いています。=^_^;=


出撃、RB67(カメピより再掲)

2回目の出撃。
img今回は、ちゃんと三脚使用できました。=^_^;=

写真のように、
自転車+RB67+レンズ2本+フィルムフォルダー2つ+三脚
での出撃です。
結論から言うと、ほどよい重さです。
走行中は、背中に背負う形なので重さは感じません。
難点は、これから暑くなると背中に背負うのが
鬱陶しいことか。
まぁ、気温30℃前半なら許容範囲内ですが。

自転車を降りて持ち歩いても、
特に重いとは感じないです。
容積が大きいことと、両肩掛けになるからでしょう。
むしろ、脇に抱え込むような感じで、
いつもいっしょにいる感が強いです。=^_^=v
存在感も十分です。
imgimg
手持ち撮影も問題ありません。
抱え込むようにして撮るため、
重さ大きさが全く問題にならないばかりか、
むしろウェストレベル撮りには、
この大きさ重さが適しているとさえ感じます。
何より、縦位置撮りが多い私には、
リボルビング機構は、まさに天の贈り物的仕組みです。

そして、三脚に固定してやれば、
まさに無敵。
こころゆくまで撮影に没頭できます。

あとは、6×7というフォーマットとどう対峙していくかでしょうか、
私の場合。

ちなみに、今回が、人生初のモノクロフィルターデビューとなりました。
どんな風に効果がでているのか楽しみです。