皿現像(カメピより再掲)

生まれてはじめて皿現像なるものを体験しました。
イメージ的に、白磁器の皿にフィルムを浸して、
さーらさら、というのを想像(どんな想像や=^_^;=)してたのですが、
実際には、現像液に指を突っ込んでシャッフル…
うまくできなくて、疵を少しつけてしまいました。
うーん、やっぱりタンクで、白昼現像したいです。
第一、皿現像では、自宅でできないし。

imgしかし、4X5の密着焼きは、さすがに高密度ですね。
ああ、早く撮りに行って現像したいなぁ。
でも、大判カメラなので、じっくりいきます。

さて、そろそろ冠布を買いに行かなくては…


大判カメラへの道①(カメピより再掲)

少し前に、大判カメラでの体験撮影をして、すっかりハマってしまいました。
以来、少しずつ情報を集めたり、機材を物色したりしています。

体験撮影をしたのは、ビュータイプというでかぶつでしたが、
自分で撮りに出かけるにはフィールドタイプという大判カメラが
重量的にもいいので、ウィスタ45Dってのをポチってみました。

って、もうポチってるのかよ>オレ =^_^;=
いや、だってびっくりするほど安価なんですもの…
マジ、いいのかなぁ…って。

imgこのカメラは金属製ですが、
当面は家の近所の河川敷詣でをするつもりなので、
これでいいかなと。

三脚も新たにgetしました。
と言っても、こちらは財布と相談して、
耐荷重6kgのアルミ三脚。
ほんとは、もうちっとごついのがいいのでしょうが、
予算がね。

つぅことで、のんびり機材や情報を仕入れながら、
これから大判カメラへの道を歩んで行きます。


帯状疱疹(カメピより再掲)

img四日ほど前から右腹の胃のあたりが痛み出して、十二指腸潰瘍?とか不安になってきたら、昨日から、痛みのあったお腹に湿疹と痛みが…
十年ちょっと前にも同じようなことが…
そう、帯状疱疹。
あんときは、最初寝違い?次に虫さされ?
医者に行ったら、帯状疱疹と診断されました。
その時はすでに痛みのピークで、
射抜かれたような痛みが走っておりました。

今回は、早めに医者へ行って(最初はimg胃かと思ったので胃腸科に行ってしまったが…)、
さっき薬を処方してもらった。

が、痛いのなんのって、帯状疱疹用の薬ってこんなに高いのか。
7日分で6500円。
この前に、胃潰瘍かと思って血液検査やなんやかんやで4、5千円かかってるので、早くの1万円以上の出費。、
イタタタタ….=^_^;=

帯状疱疹の痛みのピークが来る前に、
すでに痛い出費に見舞われておるのでした。img