紙焼き三昧(カメピより再掲)

img実習で撮ったモノクロ写真から18点を選んで、
講評会提出用に焼く。
3倍ぐらいは印画紙を使うので、前回使った分もあり、
オリエンタルの印画紙がもうなくなってきた。

今回、印画紙を変えて見て、えらい違うなという印象。
同時に、使う印画紙はある程度固定して、
img何枚も焼いて行く方が初級者にはいいと思えた。
しばらくは、Kentmereとオリエンタルだけで焼こう。

今回は、時間もなくて、数を焼くのに精いっぱいだった。
5時過ぎから焼き始めて、結局10時ぐらいまで店にいた。
次の日が仕事でなかったら良かったのだが。

img次回は、数点をじっくりと、店長の意見とかも
聞かせてもらいながら焼こうと思う。
それに備えて、暗室本を読んで勉強勉強。


展示風景(カメピより再掲)

img展示風景の写真をアップするの忘れてた。
こんな感じでした。
って、すでにぽてさんにアップされてしまっているが…=^_^;=

メッセージカードも色々貰って、好評みたいなので、
頑張ってスキャンしてflickrにでもアップしようかな。
フィルム専用スキャナで読み込んでの作業になるので、
ちょっと時間はかかるけど。

未現像フィルムもまた20本近く溜まってきた…
その上、今温めているテーマもいくつかあるので、
そのための撮影もしたいし、
もう、ほんとにマジで新しいカメラとかレンズを
いじってる時間なんてないよ。=>_<= んでもって、明日はまた紙焼きだ….これは楽しい。=^_^=v


写真展終了(カメピより再掲)

imgなかなか有意義でした。
次はいつになるかわからないけど、
またやりたい。
テーマ探しや撮った写真を見る時に、
写真展に出すというイベントがあると、
いろんな考えや見方が湧いてくるので、
写真への対し方が豊かになるから。

出品作焼くのも楽しいし、
写真展自体も楽しいしね。=^_^=

見に来ていただいた皆様、ありがとうございました。


CX5 in 奈良②(カメピより再掲)

img暖かくなってきた。
また冷え込むこともあるかもしれないけど、
もう春は近いな。
明日は梅でも撮りに行こう。

出品している写真展もいよいよ明後日で終了。
って、初日に行ったきりなので、明日ぐらい顔を出しておこう。

写真教室の実習提出用の写真がまだ焼けてない。
例のごとく暗室を予約したけど、込み合っているようで、
会社帰りに寄って焼かないといけなくなった。
来週も忙しくなりそう。

カメラやレンズをいじる時間なんて、まったくありゃしない!

imgimg


ドアノー&イジス(カメピより再掲)

NADARへ写真展期間中のテーブル置き用のブックを
持って行った。そして他の出品者の方の作品を見る。
同じモノクロでも、いや、モノクロだからこそ、それぞれの
個性が際立って出ているようで面白い。

そのあと、電車に乗っていざ京都へ。
もちろん、その間にも、CANONの銀塩二丁拳銃をぶら下げて、
パシャパシャやりながら。
京都では、まず、何必館でドアノーを見る。
やっぱり銀塩モノクロプリントはいいなぁ。
パリの街もステキだ。

imgそして、京都駅へイジスを見るため歩きだす。
とりあえず、スタート前の周回ならし運転よろしく祇園をぐるぐるっと
撮り歩く。
いい感じの路地でカメラを構えていると、
出た、唐突に出た、いや、おいでなさった、舞妓はぁぁ~ん。
しかし、何度が場数を踏んでいるので、慌てずカメラを構え直して、
まず1枚、さらに近づいてきたところでまた1枚。
「こんにちは」と声をかける余裕だってあるのだ。

と、何気にシャッタースピードダイヤルに目をやると、

げげっ、1/30秒になっているではあ~りませんかぁ!

そ、そういや、さっき絞りこんで撮る時に1/30秒に設定したんだった…
とはははぁ~ん =-_-=

かくも、舞妓はん撮りは良き鍛錬となるのであった….

って、舞妓はん撮りの話ではなく、イジス。
伊勢丹内の美術館なので、夜8時までやっている。
6時半ごろに付いたので余裕だ。

1枚1枚見ていく。
す、すごい。
端々に驚きがある。
目が離せない。
1枚見るのに数分かかることはざらだ。
他の観覧者は、次々と私の後ろを通過していく。
私だけ時間の流れから取り残されたかのよう。
点数も結構あったこともあるが、気が付いたら閉館5分前だった。
いや、もう一度最初から回ってみて気になったのを見直そうと
入り口側に歩いてたら、美術館のお姉さんが向こうから来て、
私が最後の一人だということに気付いたのであった。

いや、ほんとに凄いのです。
26日までですが、京都近辺の方で見てない人は
必ず見てください。キッパリ

出口の売店で図録を買った私は、それを大切に抱えて
京都を後にしたのでした。